新型コロナウイルス感染症対策

腰痛

腰痛概要

腰痛の85%は原因不明

日本人の83%の人が一生に一度は腰痛を患うと言われています。

このようなお悩みはございませんか?

  • 朝、目覚めた時にスッと立ち上がれない
  • 前屈みで腰が痛む
  • 靴下やズボンを立ったまま履けない
  • 長時間立っていると腰が重くなる
  • 長時間座っていると腰が痛む
  • 腰から足に痛みやしびれが有る。
  • 椅子から立ち上がる動作が痛む
  • 台所に長く立っていられない
  • 長く座っていられないので仕事に差し支える
  • 腰が気になって動くのが不安
  • 長く寝ていると腰が痛くて目が覚める
  • 腰痛は持病だからとあきらめている

そのお悩み私にお任せください!!

腰痛とは?

腰痛とは腰に痛みや炎症症状などがある状態を言います。

急性期(6週間まで)、亜急性期(6-12週間)、慢性期(12週間以上)と期間で分類します。

ですので期間や発生の原因、患部の状態などで処置の方法が変わってきます。

腰痛を起こす原因

  • 形体に異常がある疾患

腰椎椎間板ヘルニア
背骨の腰部分の骨と骨の関節部分でクッションとなっている軟骨(椎間板)に負荷がかかり痛んでしまい(変性)椎間板の中の組織が飛びだしてしまった状態をヘルニアと言います。その飛びだした椎間板の組織が神経を圧迫し阻害してしまうと腰痛や神経痛、お尻、足に激しい痛みやしびれなどの症状を起こします。

腰部脊柱管狭窄症
多くは加齢によって組織が痛んでしまうことが原因です。背骨を繋ぐ靭帯が厚く肥厚してしまったり関節部分が変形してしまうことで背骨の中を通る神経(脊髄)を圧迫して腰痛やしんなどの症状が出ます。特徴的な症状としては歩くと足にしびれや痛み、こわばりが出るが休むと楽になりまた歩けるのを繰り返す間欠性跛行があります。

腰椎分離症
10代の骨が未発達な成長期に腰の前ひねりや前後屈、ジャンプ動作を繰り返す過度なスポーツの練習で発症する疲労骨折の一種。10〜15歳の男児に多くスポーツなどで激しい運動を繰り返していると腰の骨の一部が疲労骨折を起こしヒビが入ることがあります。それが進行すると前後に分れて不安定になり痛みが出ます。腰痛が主症状ですがお尻や太ももに痛みが出ることもあります。

腰椎すべり症
上記の分離症のなかで、後方部分の支持性がないため腰の骨が前方にズレてしまうと「腰椎分離すべり症」となります。老化が原因で椎間板が痛んでしまい支持性がなくなり腰の骨がズレてしまうと「腰椎変性すべり症」と呼びます。すべり症の主な症状は腰痛と脚の痛みとなります。

  • 筋・筋膜

筋・筋膜性腰痛症
不良姿勢や過度な腰部の負荷により筋肉が損傷したり過度に緊張して痛みや炎症を起こしている状態で、要するに腰の筋肉疲労による痛みで、一般的に腰痛と言われているものです。

  • 精神的ストレス

心因性腰痛
ここ近年、脳と痛みが密接に関係するとことが分かってきています。「腰痛は気のせい」などと言っては怒られてしまいますが事実、書籍「腰痛は怒りである」でも記述されています。
腰痛に対する不安や恐れが強いストレスになり脳が腰痛を引き起こすそうです。また日常で自分でも気付かないうちにストレスがたまり、それが腰痛の原因になっていることもあるそうです。

  • 内臓の疾患

尿路結石
腎臓でつくられた小さな石が尿管につまってしまう病気。
腎盂腎炎
腎臓の細菌感染症で、若い女性や高齢の方に多くみられます。
急性膵炎
胆管の病気で胆石やお酒の飲みすぎで膵臓に炎症が起きる病気です。
大動脈解離
大動脈の壁が裂ける病気です。
化膿性脊椎炎
背骨の細菌感染症です。
などがあります。

腰痛の多くは筋肉の疲労や、骨(腰椎)の老化によるものが原因ですが、内臓疾患の場合は原因もなく突然強い腰痛があらわれ、姿勢など関係なくじっとしていても激しく痛むのが特徴です。この様な腰痛は重大な疾患が隠れていることがありますので注意が必要です。

腰痛になりやすい・良くならない原因

以下にあてはまる方は要注意です。

  • 前かがみでいることが多い
  • 足を組んで座る癖がある
  • きついて硬い下着を着けている
  • 柔らかいベッド又は布団で寝ている
  • カバンは同じ手で持つ
  • 運動をしない
  • 長時間座っていることが多い
  • 重い荷物を持つことが多い
  • 太っている人

以上に当てはまることが多い方ほど腰痛になりやすい・良くならない方です。
腰痛は姿勢(骨盤)やバランスを整えることで大きく改善します。
当院では骨盤や全身のバランを崩している筋肉を中心に姿勢や歪みを整えて腰痛を引き起こす原因を根本から改善していきます。

当院での改善方法

東池袋るり整骨院には本当に多くの腰痛の方が来院されます。
腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症など病院では手術しないと治らないと言われた方もいらっしゃいます。
そういった方々がお悩みを解決されていくには理由があります。

しっかりカウンセリングと徹底検査で腰痛の原因を見つけ出します

どんな痛みでもそうですが、腰痛を解決させるためには原因を見つけ出す必要があります。
言われてみると当然と感じると思いますが、これがとても重要になります。
そこで当店ではカウンセリングと検査により腰痛の原因を見つけていきます。
「姿勢とバランス」「動き」「痛みの出る場所」などを確認し検査で何が原因になっているのか検証していきます。
その後に検査でわかった原因を中心に全身の歪みとバランスを整えていくので確実な施術と最適な施術計画が立てられます。

オーダーメイド施術なのでお身体にあった的確な施術が可能です

腰痛と言ってもその原因やお身体の状況は様々です。特に慢性腰痛は長期間に亘り苦しんでいる方はマニュアル通りの施術では正直、結果は出にくいのではと思っています。
私の経験と検査の結果をもとに、原因をみつけだしあなたに合った的確なオーダーメイド施術をします。
お身体に余計な負担や力をかけないので早期に改善していきます。

腰痛を根本原因から解決します

腰を直接マッサージしても根本的な解決にはなりません。
腰痛を根本的に解決するためには、

  • 全身の筋肉のバランスを整え、身体にかかっている無駄なストレスを無くす。
  • 身体の歪みを綺麗に矯正し固まった筋肉を調整。
  • 脳が覚えている痛みの記憶をなくすために繰り返し身体に覚えさせる。

これらを、施術を行いながらさらにお身体の状態を確認しつつ行っていきます。
次回の来院時に前回からのお身体の変化を確認し、それに合わせて施術を再度行うという流れとなっています。

お電話でのご予約の方は 【03-6914-1174】 まで、お電話ください。

-症状別メニュー

© 2020 池袋で腰痛、重症症状専門治療院